A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

The Vegetarian Flavor Bible

久しぶりに投稿します。今日は一冊の本をご紹介します。

その本というのは、N.Y.C在住のフードライターでJames Beard賞を何度も受賞された著者のKaren Pageさんとその夫で、元シェフでありフォトグラファーのAndrew Dornenburgさんの初めての写真が掲載されたお二人の本The Vegetarian Flavor Bible

そのお二人よりこのようなメッセージをいただけてとても嬉しいです。

この”The Vegetarian Flavor Bible”は、タイトル通り日々の食生活に大変役に立つ情報で溢れています。特に、ヘルシーイーティングの方々には大変参考になります。食材に関する情報、栄養、料理方法、相性の良い食材など、料理や食材の知識の幅が広がります。食材を調べる辞書として使うのはもちろん素敵な心温まる写真を楽しみながら読書としても楽しめます。健康的な食生活や料理を愛する方に必見です!

 

 

vfb-with-noteI got a book from a friend recently with a sweet message. I am so fascinated with it! Therefore, I’d like to introduce it to everyone. The author is Karen Page who lives in NYC. She is a food writer and an awardee of a prestigious James Beard Prize. The photographer of the photos you can find on the book is her husband Andrew Dornenburg. He is a former restaurant chef and it is his first time to put his photos in her book.

It is very informative and is so useful to us who are health enthusiasts. It let us get to know more of the ingredient’s nutritional value, calorie equivalent, seasoning, cooking style and flavor matching list. You may not only use it as a dictionary but you can also enjoy reading with heart warming photos.

I highly recommend this for plant-based diet lover!

クッキングとスイーツのクラス5月31日

Picata and Potato cakeピカタとポテトケーキ マンハッタン風 

ピカタはクラシックなイタリアン料理ですね。レモンやケッパー、そして、たっぷりのパセリを散らします。このお料理、恋しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マンハッタンのビーガン老舗レストランの看板料理からインスピレーションを得て再現しました。

この料理は、春にふさわしい爽やかでデリケートな味わいのソースとクリスピーなピカタ、こんがり焼いたポテトケーキのハーモニーにノックアウト!といっても過言ではありません。

このお料理でビーガンミートの作り方もご紹介します。

その他にも、

キヌアサラダ

レモンとポピーシードのグルテンフリーケーキ

ローチョコレートトリュフ

 

詳細は、こちら

 

セレブレティーシェフに触発されて開眼

"The Conscious Cook" Tal Ronnen

“The Conscious Cook” Tal Ronnen

先日は、とても珍しく外でランチしました。なんと、スペシャルゲストをお連れして、愛宕にある精進料理の醍醐へ行きました。そのゲストといのは、ビーガン料理のシェフであり“The Conscious Cook”の著者である、タル・ロネンさんです。

彼は、アメリカのビーガン料理界で高い評価を得ています。オプラ・ウィンフリーの”21日間ビーガンクレンズ“やエレン・デジェネレスポーシャ・デ・ロッシウェディングケータリング手がけるなど、ビーガン料理を愛する多くの人々から賞賛されています。

LAのMadeleine Bistro、NYのCandle 79など、アメリカのビーガンレストラン界のトップレストランのシェフであり、ビーガン食材開発の監修、レストラン、大学、企業のコンサルタント、全米のコルドンブルー17校で講師を務める多忙な日々を送るセレブレティーシェフです。

続きはこちら セレブレティーシェフに触発されて開眼