A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

久しぶりのパン作り

しばらく不在にしていたので、パン作りをお休みしていました。

間があくと作るのがおっくうになってしまいます。

パンはその日の温度、湿度、酵母の具合も違うし、水の量だって同じではありません。毎回焼き具合が違うので 2ヶ月振りだとすっかり忘れてしまいます。今回作ってみて思ったことはメモは出来るだけ詳しく書くこと。ちょっとした事でも後々、貴重な情報になります。定期的に作っている時は材料の分量や些細な事も覚えていますがしばらく間があくと初めて作るような気分です。こんな感じだったかなぁ。と記憶をたどりながら作りました。

 

ドバイのオーガニック食材

ドバイでもオーガニックの食品が手に入るスーパーがありました。ドバイ育ちのオーナーが2005年に始め、今ではドバイに4店舗あります。ドバイモールにある店へ行きました。野菜はほとんどがヨーロッパ産で、どちらも契約農家からの直送です。食料以外にも化粧品や栄養剤、自然素材の衣類も売っており、ビーガンやグルテンフリー対応のカフェもあります。

 

 

 

 

続きはこちら ドバイのオーガニック食材

留守番中の大仕事

私とパートナーのウィリアムは家事の分担をしており、私は料理、彼がパン、玄米、豆乳を作っています。

その彼がアメリカに帰省していて、彼の留守中にお願いされていたものがあります。それは、彼が育てている自家製酵母の世話をすること。私があえて触れないようにしている領域の代物を今回初めて管理することになりました。酵母は気候や湿度で発酵が異なるそうなんです。こういう物は私の苦手とするところ。私が作る料理は一回作って完結するものばかり。だって、仕事が増えて面倒くさそうなんですもの。

横から見るとこんな感じに気泡があります。

横から見るとこんな感じに気泡があります。

でも、託されましたので面倒をみるしかありません。面倒をみるということは、この酵母を定期的に使って、使った分だけかけ継といって、補充しなければならないそうなんですよ。そこで彼の言いつけ通りに酵母を使う=酵母パンを作りました。

自家製酵母を語る時、トップを飾る写真は自家製酵母のアップでなければならない。と彼からの要望がありましたので、掲載することにしました。本人以外の人にとってはつまらない写真ですけれど。

(今回は、しばらく語りますのでお時間がある時にお付き合いください。)

気軽に楽しめる東京ベジフェスタ

先週、近くのスーパーでフードフェアーが開催されていたので立ち寄りました。美味しそうな食材の試食試飲はワクワクします。どのブースも美味しそうでしたが、舞茸ソテーは、バターソテーで、野菜のてんぷらは卵が入っていて、確認すると必ず何か動物性や乳製品が含まれているんですよね。幸いな事に途中で立ち寄っただけだったのでつまみ食いは我慢してフードフェアーを後にしました。
東京ベジフードフェスタ

東京ベジフードフェスタ

そして向かった先は、代々木公園で開催された「東京ベジフードフェスタ2010」です。

ビーガン料理のレストランやマクロビ、ローフードのお店など、100店舗以上が出店する“ベジフードのお祭り”です!

続きはこちら 気軽に楽しめる東京ベジフェスタ

早くて簡単!100%全粒粉のフォカッチャ

100%全粒粉のフォカッチャ

100%全粒粉のフォカッチャ

先日、イタリアンバールへ行くことがあって焼きたてのフォカッチャをいただきました。揚げパンのように香ばしくて美味しかったです。でも考えたくないほどカロリーはかなり高そう。そして白い小麦粉で作られていたので・・・。残念ながら沢山食べられませんでした。

その後、家でヘルシーなフォカッチャが作れないか調べていました。
一般的なフォカッチャは手間と時間がかかりそうですが、短時間でできるレシピを発見しました。その秘密はイーストの代わりにベーキングパウダーを使います。そしてオリジナルのレシピだとオイルが多いようなきがしたので減らしてみても美味しくできました。全粒粉だけど意外とふんわりです。ぜひお試しください。

全ての黒いパンが健康的ではありませんでした。

パンパニッケルベーグル

パンパニッケルベーグル

いつだったか私が子供の頃、父がデパ地下へ行く度に黒くて硬く酸味があってどっしりと重みがあるパンを買って来てくるようになって、体にいいからと言って食べさせられていました。素材の味わいが良くかめばかむほど口に広がり、逆に喜んでたべていました。大人になってそれがライ麦のフォルコンブロートだということがわかりました。

それ以来、黒ずんだ固そうなパンを好んで購入するようになりましたが、全粒粉を一部含んだパンをあたかも100%の全粒粉だと思い込んだり、黒ずんだパンが全て健康的だと勘違いしていました。なんとなく体によさそうだということは分かりますが、これらのパンってどんなものなの?と疑問に思うようになり調べることにしました。

続きはこちら 全ての黒いパンが健康的ではありませんでした。

パンパニッケルブレッド

パンパニッケルブレッド

パンパニッケルブレッド

じつは疑問に思っていたことがあっりました。そして今日初めてドイツとアメリカのパンパニッケルブレッドの味の違いが分かりました!ドイツはライ麦100%、サワードウスターターを使い120℃のオーブンで16~24時間かけてじっくり焼きあげ、色は薄い色。一方、アメリカはモラセス、コーヒー、ココアパウダー、キャラウェイシードを入れ小麦粉とライ麦を合わせ色は濃くなります。もう一つ面白いことに「パンパニッケル」という響きがユニークですよね。これは、ドイツでは、パンパ(Pumpen)はおならで、ニッケル(Nickel)は悪魔のニコラスだそうで、「悪魔のおなら(Pumpernickel)」だそうです。なんと奇想天外な名前。知らなかった~。

ということで話が長くなりましたが、このレシピはアメリカのパンパニッケルブレッドです。このパンは香りがよくどっしりとした重みと素材の味わいが良く、かめばかむほど口に広がり、満足するパンです。薄くスライスしてカリカリにトーストしたパンパニッケルにハムスとトマト、アボカド、ケッパー、フェネルなどを合わせたオープンフェイスサンドウィッチが大好きです。パンパニッケルとハムスの味が絶妙に絡み合ってなんともいえない至福のひと時に誘ってくれます。

このレシピをプリント このレシピをプリント
ハムスサンド

ハムスサンド

続きはこちら パンパニッケルブレッド

フラクシード3シードブレッド

フラクシード3シードブレッド

フラクシード3シードブレッド

このパンはとても香りがいいのと簡単なのでよく作ります。もともとは、ボブス・レッドミル社のフラクシードの袋に掲載されていたレシピより改良を重ね、このレシピに落ち着いています。オリジナルレシピは普通の強力粉を使用していましたが、私は全粒粉100%で作っています。

全粒粉は、小麦粉と比べ栄養価が高く、3倍程の食物繊維や鉄分を含み、ビタミンB1の含有量も高いそうです。でも、全粒粉だけだときれいに膨らまないし固いので私の歯が割れるんじゃないかと心配になるほどでした。やっと、バイタルグルテンを追加することでふんわりとした仕上がりになりました。

フラクシードは、日本で販売されていない時期があったそうですが、最近になってまた販売されるようになったのがわかったので安心して皆さんにご紹介します。

このレシピをプリント このレシピをプリント

続きはこちら フラクシード3シードブレッド

ワカモレグリルサンド

Guacamole Grillers

Guacamole Grill Sandwich

アボカドを梅酢とニュートリショナルイーストで味付けをしてフライパンで焼いたら、まるでグリルドチーズのような味わいのサンドウィッチになりました。

このレシピをプリント このレシピをプリント

続きはこちら ワカモレグリルサンド

おからマルチグレインブレッド

Okara Multigrain bread

Okara Multigrain bread

我が家にソイミルクメーカーがやってきました。それで作った豆乳の搾りかすからできた「おから」が大量にできるようになってから、おから料理をつくるようになりました。それがこのパン。いつものマルチグレインブレッドに「おから」を入れると、もちもちとした歯ごたえになり美味しくなりました。