A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

10月30日(日) 和食料理教室

shokado-bento-cct2016柿なます

キノコとナッツの和風タコス

南蛮漬け

栗おこわ

季節のお吸い物

抹茶と栗の和風シュークリーム

詳細は、こちら

和食料理教室ショートレッスン6月25日(土) / 6月26日(日)

Shokado Bento松花堂弁当料理教室です。

春菊の白和合

トマトとアボカドの粒マスタード和え

納豆とシシトウの揚げ浸し

酵素玄米と紫蘇のおにぎり ドライ醤油かけ

冷や汁

ロー抹茶ブリスボール

詳細は、こちら

飛行機の中でのお楽しみ

外国へ行く飛行機の中では皆さんはどのようにお過ごしですか?

私は、機内食と映画を楽しみにしています。お食事は事前にビーガン対応料理をリクエストします。各航空会社が対応する菜食料理の基準もさまざまなので、どんなお料理がいただけるのか楽しみにしています。

先月、ANAとユナイテッドのコードシェア便でホノルルへ行きました。その時の機内食は、ビーガン料理ではなくベジタリアン料理でしたが美味しかったのでご紹介します。

続きはこちら 飛行機の中でのお楽しみ

冷凍庫の掃除で作った美味しいもの

先月になりますが、1ヵ月以上も長期で不在にするので冷凍庫の片付けをしていた時、奥の方を見渡すとすっかり忘れてしまっていた食材が出てきます。

ずいぶん前に作った豆乳マヨネーズがありました。解凍したら分離していましたが、ブレンダーに入れると、ふたたびクリーミーになったのでこれを使ってしまいたい。おからも沢山残っているし。

これらの材料で何かできないか考えたところ、ニュートリショナルイーストとナツメッグを加えて美味しいシーフード風味のケーキができました。

続きはこちら 冷凍庫の掃除で作った美味しいもの

オアフの朝市でハワイの名品に出会う

前回、ハワイで1週間滞在した時は、1度も海やプールへ行かず、1日中キッチンで料理ばかりしていたので、今回は、1ヶ月滞在して、けしてキッチンに籠らないようにすると自分たちに約束していました。

皆さんもご存知かもしれませんが、ホノルルは、ビーガン料理のレストランやビーガンフレンドリーなスーパーが沢山あって、外食したりテイクアウトしたり、ビーガン料理には不自由しません。とうぜん、料理から解放されてハワイアンリゾートが満喫できます。

今、私たちが滞在しているところは、オアフ島の南東部にあるハワイカイというところ。ハナウマベイが近くて落ち着いた住宅街です。ここに住んでいる知人のお母さんから、ダイアモンドヘッドの近くのファーマーズマーケットが、どこのスーパーよりも葉もの野菜が新鮮なので、必ずここで買っている。と聞いたので行ってみました。

続きはこちら オアフの朝市でハワイの名品に出会う

気軽に楽しめる東京ベジフェスタ

先週、近くのスーパーでフードフェアーが開催されていたので立ち寄りました。美味しそうな食材の試食試飲はワクワクします。どのブースも美味しそうでしたが、舞茸ソテーは、バターソテーで、野菜のてんぷらは卵が入っていて、確認すると必ず何か動物性や乳製品が含まれているんですよね。幸いな事に途中で立ち寄っただけだったのでつまみ食いは我慢してフードフェアーを後にしました。
東京ベジフードフェスタ

東京ベジフードフェスタ

そして向かった先は、代々木公園で開催された「東京ベジフードフェスタ2010」です。

ビーガン料理のレストランやマクロビ、ローフードのお店など、100店舗以上が出店する“ベジフードのお祭り”です!

続きはこちら 気軽に楽しめる東京ベジフェスタ

セレブレティーシェフに触発されて開眼

"The Conscious Cook" Tal Ronnen

“The Conscious Cook” Tal Ronnen

先日は、とても珍しく外でランチしました。なんと、スペシャルゲストをお連れして、愛宕にある精進料理の醍醐へ行きました。そのゲストといのは、ビーガン料理のシェフであり“The Conscious Cook”の著者である、タル・ロネンさんです。

彼は、アメリカのビーガン料理界で高い評価を得ています。オプラ・ウィンフリーの”21日間ビーガンクレンズ“やエレン・デジェネレスポーシャ・デ・ロッシウェディングケータリング手がけるなど、ビーガン料理を愛する多くの人々から賞賛されています。

LAのMadeleine Bistro、NYのCandle 79など、アメリカのビーガンレストラン界のトップレストランのシェフであり、ビーガン食材開発の監修、レストラン、大学、企業のコンサルタント、全米のコルドンブルー17校で講師を務める多忙な日々を送るセレブレティーシェフです。

続きはこちら セレブレティーシェフに触発されて開眼

ペルシャ風ポテトサラダ

サラダオリビエ

サラダオリビエ

中近東料理といえばレモン、ハーブ、スパイス、ゴマ(タヒニ)、豆類、野菜が多く使われる健康的な料理が多いですね。なかでも、レバノン料理やイラン料理の味付けが好きで、時々無性に食べたくなって作ります。

続きはこちら ペルシャ風ポテトサラダ

食感が楽しいコーンとキヌアのサラダ

夏にピッタリのコーンとキヌアのサラダ

夏にピッタリのコーンとキヌアのサラダ

まだまだ、旨味がいっぱいつまった新鮮なトウモロコシが店頭に並んでいます。なので計画していないのについつい買ってしまいます。

買ったものの他の料理との組合せに困る時があります。1人で1本を全部食べると他の料理が食べられなくなってしまうし。新鮮なうちに早く使いたいし。

続きはこちら 食感が楽しいコーンとキヌアのサラダ

パブ風ターキッシュピラフ

パブ風ターキッシュピラフ

パブ風ターキッシュピラフ

梅雨に入ってうちのパントリーで保管している食材が早く食べないと危ない予感。なかでも、ブルガーウィートが沢山残っていることに気がつきました。

いつもは、タブーリチリを作りますが、今回は嗜好を変えたくてwebで探したところ、このレシピがブルガーと野菜を沢山使ったターキッシュピラフです。美味しそうだったのでさっそく作りました。