A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

10月30日(日) 和食料理教室

shokado-bento-cct2016柿なます

キノコとナッツの和風タコス

南蛮漬け

栗おこわ

季節のお吸い物

抹茶と栗の和風シュークリーム

詳細は、こちら

The Vegetarian Flavor Bible

久しぶりに投稿します。今日は一冊の本をご紹介します。

その本というのは、N.Y.C在住のフードライターでJames Beard賞を何度も受賞された著者のKaren Pageさんとその夫で、元シェフでありフォトグラファーのAndrew Dornenburgさんの初めての写真が掲載されたお二人の本The Vegetarian Flavor Bible

そのお二人よりこのようなメッセージをいただけてとても嬉しいです。

この”The Vegetarian Flavor Bible”は、タイトル通り日々の食生活に大変役に立つ情報で溢れています。特に、ヘルシーイーティングの方々には大変参考になります。食材に関する情報、栄養、料理方法、相性の良い食材など、料理や食材の知識の幅が広がります。食材を調べる辞書として使うのはもちろん素敵な心温まる写真を楽しみながら読書としても楽しめます。健康的な食生活や料理を愛する方に必見です!

 

 

vfb-with-noteI got a book from a friend recently with a sweet message. I am so fascinated with it! Therefore, I’d like to introduce it to everyone. The author is Karen Page who lives in NYC. She is a food writer and an awardee of a prestigious James Beard Prize. The photographer of the photos you can find on the book is her husband Andrew Dornenburg. He is a former restaurant chef and it is his first time to put his photos in her book.

It is very informative and is so useful to us who are health enthusiasts. It let us get to know more of the ingredient’s nutritional value, calorie equivalent, seasoning, cooking style and flavor matching list. You may not only use it as a dictionary but you can also enjoy reading with heart warming photos.

I highly recommend this for plant-based diet lover!

9月24日(土) / 25日(日) 和食料理教室

Sept Class 2016翡翠とろろ with カボス風味

茗荷とキュウリの酢の物

豆腐クランブルとベイクドトマト ジェノヴァ風

ニガウリと厚揚げの梅肉煮込み

秋なすの蒲焼重

酵素玄米

なめこの赤出汁

イチジクと白ワインのコンポート with ジュレ

詳細は、こちら

クッキングとスイーツのクラス3月23日

ローズウォーターとピスタチオのクッキー

バラの花から抽出したローズウォーターはペルシャから古代ギリシアに伝わり、薬、美容、食品の香り付けとして古くから使われてきました。

今回は、香りを楽しむミペルシャ風スイーツをご紹介します。この翡翠を散りばめたようなピスタチオのクッキーは、砂糖を使用しておりませんので優しい甘味にしております。

ペルシャ料理や地中海料理の締めくくりとして、春の訪れにふさわしい、ラブリーなバラの芳しいフレーバーを楽しんでください。

その他にも、

ビーガンストロガノフ with キヌアピラフ

ケールのサラダ with ニュートリショナルイーストのドレッシング

地中海風ブロッコリーとポテトのスープ 

詳細は、こちら

ヤングコーンのピクルス

近頃、元麻布農園マルシェで手に入れたお野菜を料理して美味しかったものをご紹介します。 少し前に皮付きのヤングコーンを手に入れました。スーパーで見かけるものより太っていて美味しそうでした。 最近暑い日が続いていて加熱したお料理を休んでいたので浅漬けにしてみましたよ。 梅酢とたかの爪にヤングコーンと元麻布農園で収穫したキュウリを漬け込んだところ、ヤングコーンの断面がほんのりピンクがかり爽やかな酸味と塩分が食欲増進になります。この写真は2日間漬込みました。茗荷を切らしていましたが、茗荷も漬込むといいでしょうね。簡単に作れますのでレシピをご紹介します。 続きはこちら ヤングコーンのピクルス

次世代の凝固剤を発見!

先日、蒟蒻粉と蒟蒻の作り方をいただきました。作ってみると、従来の蒟蒻の食感や独特な臭いはなく、ゼリー状に固まりコクがあって美味しいのです。蒟蒻が体にもたらす栄養のメリットはあるのに蒟蒻らしくない味わい。これは積極的にさまざまな料理やスイーツに取り入れたいですね。

 

さっそくトロピカルプディングにこのパウダーを凝固剤の代わり用いると、簡単に短時間で作れます。コクのある風味はあるのに蒟蒻の臭いがほとんどありません。栄養のメリット、皮膚の保水をする働きのあるセラミド、腸のお掃除をしてくれるグルコマンナンの効果が期待でき、GI値もゼラチンの約半分なのでインシュリンダイエットの方もお楽しみいただけるのでおすすめ。

すっかり蒟蒻粉のファンなっています。しばらくはこのパウダーを用いたお料理が続きそうです。近々、料理教室でご紹介していきます。お楽しみに!

 

元麻布農園マルシェ

毎週土曜日の午前中にシェアハウスの入り口でマルシェが開催されます。

先週のマルシェでフェンネル、ピーチパイン、ビーツを購入。どれも小ぶりで可愛いですが香りが強く瑞々しいです。今が旬なんですね。

フェンネルの葉はスープやオープンサンドに使うとして球茎部分はシチューにしてもいいですね。過去のレシピよりご紹介します。

地中海を彷彿させるフェンネルシチュー

ビーツのお料理で大好きなのは、ハンムス。ひよこ豆に負けない美味しさです。オイルも加えないのでとってもヘルシー。こちらも過去のレシピより。

麗しいハンムス

ここでご紹介した野菜はほんの一部で、まだまだ珍しい野菜もあります。お近くにいらっしゃる際はぜひ、お立ち寄りください。

元麻布農園マルシェ

日時:毎週土曜日午前中

場所:元麻布農園

元麻布農園マルシェ

毎週土曜日の午前中にシェアハウスの入り口でマルシェが開催されます。

毎回出品される野菜が変わるので今はどんな野菜が旬なのかがよく分かります。中には初めて見るものもあり、どうやって料理したらいいのかお尋ねしながら買う事もあります。とても参考になります。

続きはこちら 元麻布農園マルシェ

コールラビのサブジ

私の住まいの敷地で土曜日の朝、有機野菜のマルシェが開催されるようになりました。今回は、黄ニラ、ズッキーニ、あやめかぶ、赤玉ねぎ、すなっぷえんどう、アスパラガス、紫人参、コールラビ、珍しいレタス系、コリアンダーの花、甘夏、河内晩柑、などなど。つい、無計画にあれも、これも買ってしまいました。

その中でもさっそく料理したのはコールラビ。今が旬のお野菜です。

このお野菜、使うのは初めてなんです。調べてみるとビタミンA・Bは普通のキャベツよりも豊富なんだそうです。いいですねぇ。

でも、どう料理しましょうか?風味はキャベツによく似ています。でもカリフラワーの代用にもなりそう。そうすると、インド料理に合うのではないかしら。最近使っていないインド料理用の香辛料類も揃っているし、ということで、サブジを作ることにしました。

続きはこちら コールラビのサブジ

スイスチャードとポートベローマッシュルームのパスタ

今年に入って麻布十番のニッシンワールドデリカテッセンへ行く頻度が高くなってきました。というのも、ナショナル麻布が縮小されていることもありますが、もう一つの理由は

 

続きはこちら スイスチャードとポートベローマッシュルームのパスタ