Twitter-1a
当教室が紹介されました!

banner-200x45

banner-200x50

banner-200x49

Share

デコポンは終わったけど、柿が復活?

季節はずれの柿

季節はずれの柿

ウィリアムです。

1日に3種類以上の果物を食べることが望ましいといわれています。果物には豊富な食物繊維、ビタミンC、βカロチンなどが含まれています。

Kikoと私は多いときで1日5種類くらいの果物を食べています。特に柑橘類は1日に2種類は食べます。中でもデコポンが一番好きです。

アメリカに比べ日本は柑橘類の種類が豊富なことをご存知ですか?アメリカで開発されたミネオラ(タンジェリンとグレープフルーツの交配種)はデコポン(清見とインドのポンカンの交配種)のように出っ張りがあります。

しかし、他の柑橘類でデコポンのようなやわらかさ、甘み、瑞々しさを味わったことがありません。アメリカのオレンジが日本に輸入されることになったとき、これに対抗するために農林水産省果樹試験場において1972年にデコポンが誕生しました。他の柑橘類の追随を許さないほどの美味しさで大成功だったと思います。

デコポンは柿と同様で店頭にあれば可能な限り値段やサイズに関わらず、買い続けている特別な果物です。いつもデコポンや柿のシーズンの終わりが近づくと、いつ店頭から姿を消すか分からないので、たとえ小さくて新鮮そうに見えなくてもストックするようにしています。12月から始まったデコポンの季節がついに終わったと何度か勘違いしていたけど、今回はお店の人に確認して本当に終わってしまったことが分かりました。

そんなある日、明るいニュースがありました。1月に食べた柿が最後だと思っていたら2週間前に干し柿ではなく新鮮な「富有柿」を見ました。しかもニュージーランド産!それもそのはずで、南半球は日本と季節が逆!衝撃的でした。2個900円でしたが半額になっていたので買ってみました。

私達の好みより少しやわらかくなっていました(固めで食感は人参くらいが好き)でも、日本の苗をニュージーランドで育てたというのですから味は全く同じ。周年化が進む中で、柿は季節感を伝えてくれる貴重な果物の1つだと思っていただけに。この時期に食べることが出来るなんて、期待していなかったので感動的でした。

  • Share/Bookmark

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>