A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

マウイの楽園とオーガニックな町

初めてマウイ島へ行きました。マウイ島はサーフィンのイメージがありますが、じつはビーガンフレンドリーで地元のオーガニック野菜が充実しているところだとは、まったく知りませんでした。

マウイ島とオアフ島間は、格安の飛行機が飛んでいて、わずか35分のフライトです。機体は小さくて、座席指定がありません。皆好きな所に座ります。スチワーデスは、ポロシャツ、短パン、素足で靴下にスニーカーです。しかも、首にタトゥーが入っていたり眼鏡をかけていたり。日本の航空会社では考えられないくらいカジュアルです。

ホオキパビーチパーク、マウイ

ホオキパビーチパーク、マウイ

向かったのはマウイ島のカフルイ空港から車で約2時間30分かかるハナという小さな町。ここに住んでいる知人の家に滞在します。ハナまでは、なんと600以上のカーブがあり、車一台しか通れない橋がいくつもあるハナハイウェイを走ります。トロピカルジャングルの中を走り、途中に見えるいくつもの滝や、半島を縁取る崖っぷちの海沿いの絶景を楽しみながらドライブができます。

という予定でしたが、空港近くのホールフーズマーケット(2009年2月に開店したそうです)に立ち寄って食材を買い込んでいたら遅くなってしまい、日没までにハナに到着できず、街灯がないので暗闇の中を走るはめになりました。さらに私は、車酔いまでして、目を閉じて到着するのを待つしかありません。可哀想なのはウィリアムで、孤独に運転していました。

ハナの町が近くなると、生のココナッツジュースやホームメイドのバナナブレッドを売る店が目につきます。そこに乳製品を使用しないアイスクリーム屋さんがあります。ココナッツミルクベースのアイスクリームで沢山のフレイバーがありました。1つのカップに2スクープ入っているので、パッショングアバとバナナラムレーズンを選びました。控えめな甘さでどちらも美味しかったです。

ハナは、郵便配達がなくて郵便局へ取りに行かなければなりません。信号もありません。友人の家の庭には自然に育ったバナナの木とパパイヤの木があって、朝は熟したパパイヤを取ってきて朝食にします。まるで楽園の住人になったような気分になります。人々のリラックスしていてスローな生活が感じられます。

滞在中にもっとも印象的だったのは、水遊びができる美しい天然のプールへ行きました。古代ハワイアンの神聖な場所なんだそうで、ハレアカラ火山の中腹から流れ出た渓流が、渓谷を抜けて海に流れ込むまでに7つの小さな滝と滝壺があります。セブン・プールズと呼ばれています。私はスピリチャルに疎いのですが、プールに浸った後は、体が軽くなった感じがしました。まるで地球の生命力に触れ癒されたような素敵な一時でした。いわゆるパワースポットなのかもしれませんね。

ハナは他にも、3つのビーチがあります。その中のハナベイへ行きました。駐車場はありませんが、ハナにある唯一の老舗ホテル、ホテルハナマウイ(地元の関係者から聞きましたが、これから数年間にわたり少しずつ改修工事をやっていくそうです)が利用しているビーチで専用の更衣室などがあります。

地元の新鮮なオーガニック野菜とハーブ、ホームメイドの総菜、バナナブレッドなどを販売しているハナ•フレッシュファーマーズマーケットというところがハナ•ヘルス前にあって、町のスーパー(2店しかありません)よりも、野菜が新鮮です。

Koae Banana

バナナの皮が緑の縞模様になっているバナナを見つけました。 バナナの葉も「斑」が入っていて美しいです。 ネットで調べたらKoae bananaという種類だそうです。いつ頃食べられるのか分からずしばらく放置していたら、しだいに皮の縞模様の境界線が薄くなってきて黄色くなってきたので、食べてみると甘みがあって美味しかったです。熟しても固いので料理によいかもしれません。

Maui Potato Chips

マウイ島といえばマウイスタイルのポテトチップスが美味しいですね。ハナ•ランチストアに地元ブランドのポテトチップスを発見しました。1年に1回も食べないのに、ここでは食べてしまうんですよね。しかも、何パックも買ってしまいました。厚めのスライスで不揃いの形、オアフ島のスーパーで見たことがありません。

マウイ島を発つ日に空港へ向かう途中、ホオキパビーチパークに立ち寄りました。なんと女性のサーファーがいて、男性顔負けなくらい上手。ボードをカットバックしながら長い間、波に乗っています。上に波に乗っている2人の写真がありますが、左側が彼女です。きっと幼い頃から海に慣れ親しんで、波に乗ることがライフワークになっているんでしょうね。あとで知りましたが、ここはプロサーファーの競技が行われる世界有数の開催地だそうです。どおりで上手な人ばかり。

パイアという小さな町に立ち寄りました。キュートな水着屋さん、天然ヘンプの店、スタイリッシュなヨガグッズの店、オーガニックコスメの店が並んでいて、サーフィンとエコ、ヘルスコンシャスな人が多いように感じられます。なかでも必見なのは、25年以上も営業している老舗のビーガンフレンドリースーパーMana Foodsです。

paia mana foods

一見間口は狭いように見えますが、店内は広く上から下まで商品がぎっしりと陳列されています。ほとんどがオーガニックで、量り売りの穀物、ナッツ、ドライフルーツ、コーヒーやビーガン対応のデリコーナーが充実していてどれも食べてみたくなります。他のグローサーリーも良い商品ものばかり。 野菜もマウイ産の玉ねぎやグレープフルーツなど、地元で取れる新鮮なものが豊富にあります。オアフ島のビーガンフレンドリースーパーより物価が安いように感じました。品揃えが充実しているので、見て回るのに時間がかかるけど、楽しめます。

あいにく日本、マウイ島間は直行便がないのでホノルル経由になりますが、ぜひ足を伸ばしてみてください。体全身で大自然のアロハスピリッツを感じてみてはいかがでしょうか。

3 comments to マウイの楽園とオーガニックな町

  • makky

    いいですね~。
    写真もスッキリしていて色味が綺麗。
    きっといい場所なんだろうなぁと気持ちよさが伝わってきました。
    こういう情報をupしてくださるだけでも読み手は癒されます^^

  • 36年前にハナに移住された方が、仰っていました。
    彼は、電気が通っていなくて、プロパンガスの給湯器と冷蔵庫、明かりはコールマンのランタン。まるで小さなキャビンの中で生活していて、全く不満がないらしく、「毎朝目覚めた時に、自分は死んでしまっていて天国に来ているのではないかと感じる」そうです。
    なんて有意義な人生なんでしょうね。

  • yendouma

    Kiko先生の文はいつも、まるで自分も一緒にその場所に居たかのように情景が目に浮かぶんですね。車酔いのくだりなども なんだかその時の状況がツツーッと入ってきた感じで‥(笑)

    縞模様のバナナの存在、初めて知りました。

    楽園のようなところなのでしょうね。読んでいてとても癒されました。
    行ってみたいな~

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>