A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

ピーナッツバターブロンディ・クッキー

ピーナッツバターブロンディ

ピーナッツバターブロンディ

昨日ご紹介したキヌアのような料理は低カロリーなのでこれを食べた日はスウィーツを食べてもよいというルールを我が家で設けています。そこで、今日はこのスウィーツをご紹介します。

ブロンディはあまり一般的ではないのかお店やカフェで見かけません。(あまり外食しないので知らないだけかも。)色が黒くなくブラウンシュガーの色からくるブロンド色のバークッキーです。ブラウニーとちがって生地にダークチョコレートやココアが入っていません。おもにバタースコッチチップスとバニラで作るものが多いです。

このレシピはこの本で掲載されていたのを見て作りました。全くバター、卵を使わず、その代わりにピーナッツバターが入ります。

私はこのブロンディを食べだすと止まらなくなるので、もう少しヘルシーにしたくて私の方で材料を一部変更させていただいています。油、ブラウンシュガーと塩を控えめにして、全粒薄力粉に変更して作りました。そのため、クッキーのような食感になります。もしお作りになったら是非ご感想をコメント欄にいただけると嬉しいです!

12個 50分

<材料>

¾カップ ピーナッツバター 電子レンジで温めると混ざりやすい

¼カップ キャノーラ油

⅓カップ ブラウンシュガー

¼カップ 豆乳

2小さじ バニラエキストラクト

1カップ 全粒薄力粉

¼小さじ 塩

½小さじ ベーキングパウダー

⅓カップ ピーナッツ

<作り方>

オーブンを170℃にプリヒートする。

20×20cm程度のベイキングパンに軽く油をひく。

ボウルにピーナッツバター、キャノーラ油とブラウンシュガーを入れフォークで混ぜ合わせる。

豆乳とバニラエキストラクトを加え混ぜる。

全粒薄力粉、塩とベイキングパウダーを追加し混ぜる。

ある程度混ざったところで、手をつかって生地がやわらかくなるまでこねる。

とても厚みが出てきて塊になってきたらベイキングパンに生地を移し抑えながら生地を拡げていく。ピーナッツを生地の上に振りかけて軽くてで抑え生地の中に入れていく。

オーブンで20分、生地の角が黄金色になってくるまで焼く。表面がやわらかくてもよい。

オーブンから出して完全に冷めてからカットする。

<Kiko’s Tips>

ピーナッツバターはできるだけ新鮮で調味料(塩、砂糖など)が入っていないものを選ぶようにしています。できれば挽き立てのものが美味しいのでこちらのものをおススメします。お好みでチャンキーなものを使ってもよく合います。

8 comments to ピーナッツバターブロンディ・クッキー

  • yendouma

    生地にダイスアーモンド、そしてトッピングにピスタチオ(どちらも冷蔵庫に沢山あったので・・)で作ってみました。ピーナッツバター、アーモンド、ピスタチオ、、、と色々ナッツになってしまいましたが、美味しく出来ました! 生地の薄茶色とピスタチオの黄緑の色合いも可愛いな、と(笑) 
    本元の?ブロンディーは食べたことないのですが、確かにサクサクしたクッキー寄りの食感に出来上がりましたね。この噛み応えと素朴な味わいもとても好みです。

    沢山食べてしまって危険なので、次回はキャノーラ油の量を分量の半分にして作ってみても良いかな?と思いました。

  • yendoumaさん、こんにちは。ご報告ありがとうございました。
    色々ナッツのブロンディー豪華で美味しそ~う!私も今度作ってみます。
    油の量は悩むところです。このレシピから半分にするとかなり固めになります。クラッカーみたいになるかもしれません。
    本元は、油がたっぷり入ってやわらかくしっとりしています。なので、油を減らす場合はオカラか豆乳を加えるか、プルーンをプロセッサーでピューレ状にしたものを½カップ程度、加えてみてもいいと思います。(乾燥しているプルーンは不向きです)

  • yendouma

    ピーナッツバターの代わりにタヒニ(3/4カップ強)、そしてキャノーラ油は今回抜きで作ってみました。タヒニのとろみのお陰で豆乳は足さずに分量通りでやってみました。 先生のアドバイス通り食感が固めになり、もはやブロンディーではなく‘タヒニのクッキー’となってしまいましたが、これはこれでとても美味しく出来たと思います。タヒニがクッキーとこんなに相性が良いとは思いませんでしたので軽くびっくりしました。

  • yendoumaさん、いつもコメントありがとうございます。
    タヒニとキャノーラ油抜きに挑戦されましたか。チャレンジャーですね。(笑)ほとんど失敗がないので色々お試しください。
    タヒニとクッキーは本当によく合います。タヒニクッキーだとライムゼスト大さじ1を加えるとこれまたよく合いますよ。

  • yendouma

    ライムゼストがタヒニクッキーに合うのですね?次回是非入れてみます!楽しみです。

  • はい。またお作りになったら感想を教えてください。

  • yendouma

    ご無沙汰しております。(お元気ですか?)

    東京も台風通過の今日、予定を全てキャンセルして自宅にこもりきりでした。そして在る材料でまたこれを作ってみました!

    *(ピーナッツバターの代わりに)タヒニ 180g(※キャノーラ油は抜きで)
    *オカラ 40g
    *レモンゼスト 小さじ1(冷凍庫に少量残っていたのを発見)
    …その他は上記材料と一緒

    と、どれも中途半端に冷蔵庫やら冷凍庫に中途半端に残っていたもので作ったので、もはやピーナッツ・ブロンディー・クッキーとは全く別のものになってしまいましたけれど(笑)

    やはり前回Kiko先生にアドバイスをいただいていたオカラやライムゼスト(皮を使用出来るライムが手に入らなかったので、レモンでしたが)を入れたのが大正解でした!
    オカラでよりソフトな食感になり、レモンゼストも足りないかな?と思いきやふんわりと十分に良い香りがしてかなりイイ感じです。(実はFBで写真アップしちゃいました!)

    このレシピ、タヒニ・レモン・ブロンディー・クッキーとして我が家の定番にしようかと思います。ライムゼストが手に入ったら是非それでまた試してみたいです。

  • 悪天候の日は可能であれば予定をキャンセルして自宅にこもりお菓子を焼くのっていいですよね。
    再びこのレシピ作られたんですね。しかも、オカラ入り!脈々と精度を上げていらっしゃるご様子。
    お写真を拝見すると柔らかそうで、ナッツ(ピスタチオかな?)が美味しそうですね。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>