Twitter-1a
当教室が紹介されました!

banner-200x45

banner-200x50

banner-200x49

Share

市販クリーミーデザートの味に負けない美味しさ

以前ご紹介しました乳製品不使用だけどヨーグルト風味ですの続編を作りました。

今回は、チョコレートと紫芋のフレーバーです。

このチョコレート風味は、チョコレートを使用していません。なのでとってもヘルシーです。手前味噌ですが市販の乳製品不使用のクリーミーデザートの食感や味に負けないのではないかと、喜んでいます。

それから、ちょうど紫芋のパウダーがありましたのでこちらも使用してみたところ、お芋のざらっとした食感ではありますがフルーティーな味わいになりました。

このひんやりデザートはこれからの季節に常備するようになりそうです。

凝固剤のコープアガー(植物性ゼリーの素)はコープのデリバリー会員さんでないと購入できないそうなので、葛や寒天の他に、カラギーナン(アガー)も代替していただけます。カラギーナンの原料は寒天に似ていますが、寒天のように溶液そのものを冷やして固めるものではなく60℃で固まり始めます。常温ではとけません。水分が分離しやすく、なめらかで「つるん」としたのどごしです。「○○○アガー」という名前で売られています。

チョコレートクリーム

6〜8人分

<材料>

300g 絹豆腐

80cc 水

5小さじ コープアガー(植物性ゼリーの素)

40cc メープルシロップ

1½大さじ ココア

1小さじ パニラエキストラクト(5振りバニラエッセンス)

<作り方>

1.ボウルにコープアガーと水を入れ泡立て器(小サイズ)でよく溶かす。

2.絹豆腐は1時間ほど水をきる。

3.フードプロセッサーに1.2.とメープルシロップ、バニラエキストラクト、ココアを加え撹拌させる。

4.容器に移し冷蔵庫で冷ます。

紫芋クリーム

6〜8人分

<材料>

300g 絹豆腐

80cc 水

5小さじ コープアガー(植物性ゼリーの素)

40cc メープルシロップ

1大さじ 紫芋パウダー

1小さじ パニラエキストラクト(5振りバニラエッセンス)

<作り方>

1.ボウルにコープアガーと水を入れ泡立て器(小サイズ)でよく溶かす。

2.絹豆腐は1時間ほど水をきる。

3.フードプロセッサーに1.2.とメープルシロップ、バニラエキストラクト、紫芋パウダーを加え撹拌させる。

4.容器に移し冷蔵庫で冷ます。

  • Share/Bookmark

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>