Twitter-1a
当教室が紹介されました!

banner-200x45

banner-200x50

banner-200x49

Share

ビーガンはエコロジーにやさしい

ビーガンの食生活を続けていると、しだいにエコロジーを意識するようになってきます。

先日、エコロジーの交流会に参加した折、ある方から質問されました。私の料理教室は「ビーガン」の表記を使っているので、宗教団体か動物愛護団体の方ですか。と、このての質問を受けることはよくあります。でも、イメージが悪いので名前にビーガンを使わない方がよい。とアドバイスを受けたのは初めてでした。

一部の過激な活動家団体のイメージが強かったのか、一緒くたに扱われているようです。ビーガンという表記の使い方を気をつける必要があるのかな。と新しい気づきになりました。

欧米では私のような単純に食生活のみ(動物は好きですし、環境保全も気にしていますが、強い意見を持って活動しているわけではありません)ビーガンの人は、正確にはダイエッタリービーガンやプランツダイエットと呼びビーガンとは区別されています。

私なりにビーガンを定義すると、ビーガンになるもっとも大きな理由は、全ての動物の人生を人間と同様に尊重するという考え方からきています。一見、極端でヒステリックな行動のように見える活動家団体は、侃々諤々と人々に意見を伝え、考えてもらううためのきっかけ作りではないかと思います。

ある新興宗教は入信する際の条件の1つです。また、ある瞑想法の条件の1つでもあります。でも、ビーガン=宗教ではありません。

エコロジーの交流会にいらっしゃった方のほとんどが、オーガニック食材を好まれる方々でしょう。でも、菜食にはあまり関心がない印象を受けました。オーガニックな食材を選ぶ以上に、動物性食材を控えることの方が、よりCO2を削減することにつながります。

この会合はエコロジーを促進されている方々が集い、資源を有効活用した持続性可能な物作りを目指すための情報交換の場でした。アプローチは違えど環境保全に貢献するという目的は同じです。動物を食べないことは、環境に優しいことです。一石二鳥ではありませんか。

ベジタリアンでエコロジーを拡大し全文を見る

(資料提供:NPO法人日本ベジタリアン協会ミートフリーマンデージャパン事務局

  • Share/Bookmark

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>